December News [2019]

– 月報 12月号 掲載分 –

*** RAKUGO @ Tonarigumi / 落語会 @ 隣組 ***

On September 25 and 26, Tonari Gumi hosted Japanese traditional sit-down comedy performance, rakugo, entitled “Luck comes to those who laugh!” Rakugo storyteller, Mr. Roko Shofukutei, flew in from Osaka to a total of 100 guests who enjoyed the authentic Kamigata-style rakugo up close and had memorable afternoons filled with laughter.

The performance started with the classic “Toki Udon (Noodle Time)” followed by short stories and original rakugo stories sprinkled with English lines. During the question and answer period, the audience had a chance to interact with Roko-san who also shared behind-the-scenes stories that we wouldn’t have a chance to hear.

We feel that we were very lucky to have had the chance to bring this traditional Japanese performing art to Vancouver and to Tonari Gumi. We’d like to extend our sincere gratitude to those who made this event possible.

“笑う角には福来たる!”と銘打って、大阪から落語家の笑福亭呂好さんを隣組にお招きし、9月25日と26日の二日間に渡り、落語会を開催致しました。両日延べ100名ほどの観客の皆様に、本場の上方落語を間近で鑑賞しながら大いに笑っていただきました。

定番の「時うどん」を始め、小話や英語を交えた創作落語を披露していただき、終始笑いの絶えない楽しい会となりました。

最後の質疑応答コーナーでは、落語会の裏話など普段聞くことのできない話しや呂好さんと直接話したり、落語家さんと身近に触れられた忘れられないひと時を過ごしていただくことができました。

ここバンクーバーの隣組で、日本が誇る伝統芸能をご来場の皆様に身近に感じていただける機会を得ましたことは、大変幸運なことだったと思います。この会を実現するにあたり、ご尽力いただきました関係者の皆様には心より感謝申し上げます。

 

*** 2019 Tonarigumi Fall Bazaar / 2019年恒例秋のバザー ***

Tonari Gumi held its annual fall bazaar on Saturday, November 2nd. The bazaar brought together old and new friends and families to shop, eat and mingle in familiar and welcoming surroundings.

Our multi-generational team of volunteers worked together throughout the year to prepare for the bazaar. On sale were handmade crafts and cards and Japanese food delicacies made by our volunteers. Upstairs, we sold kimonos, Japanese books, vintage jewellery and a variety of rummage sale items. There was a keen sense of anticipation when the doors opened at 11:00 am and the first wave of patrons came. Awaiting them were freshly made goodies, including manju, sushi, apple pie, takoyaki and Japanese kasutera (cake). One of our most popular delicacies was the freshly-picked matsutake (pine mushroom), known for its unique, subtle flavour. There was excellent camaraderie and teamwork among our volunteers, staff and members. The volunteer work for the bazaar best exemplifies the spirit of the “Japanese Community Volunteers Association.”

Many thanks to the community for their support and to our volunteers and staff for their hard work and dedication in making this event a success.

11月2日、隣組の恒例の秋のバザーが開催されました。バザーに来られた方々は、和気あいあいとした雰囲気の中、家族や友人たちと買い物をしたり、日本食を楽しんだり、おしゃべりに花が咲いたりとバザーを楽しんでおられました。

このバザーは、隣組で活動する多世代にわたるボランティアチームが1年を通して準備をしてきました。1階ホールではボランティアの手作りのクラフトやカード、お饅頭や惣菜などの日本食の販売、2階では着物や日本語の本、ビンテージジュエリーの販売、我楽多市が開かれました。

11時の開始時には、バザーを心待ちにしていた多くのお客さまが玄関先に押し寄せ、開場とともに饅頭や新鮮な寿司、アップルパイなどのベイキング、その場で焼き上げた出来立てのタコ焼きとカステラなどに行列ができました。その中でも一番人気は、新鮮なマツタケ(pine mushroom:芳醇な独特な香りが特長で、日本でも秋の味覚として珍重されている食べ物)でした。

このバザーにおけるボランティア、隣組会員とスタッフ間の素晴らしい友情とチームワークは、まさに隣組の精神を示しているといえます。

このイベントを成功に導いたコミュニティーのサポートと隣組ボランティアの皆さん、スタッフのハードワークと献身的な努力、買い物に来ていただいた皆さんのサポートに心より感謝いたします。

This post is also available in: 日本語 (Japanese)